岐阜県|各務原市|川島笠田町|夏休み自然体験|
自然発見館

木曽川の自然を身近に感じられる施設。夏は渓流スライダーや滝業体験に挑戦してみよう!

木曽川水園で開催される渓流すべりの様子
渓流スライダーに挑戦!(画像提供:河川環境楽園 自然発見館)

渓流スライダー

■開催日/2023年8月11日(金祝)〜8月15日(火)
     雨天・曇天時中止
■時間/10:45~、12:45~、13:45~、14:45~
■場所/河川環境楽園 木曽川水園 大滝横
■対象/小学生以上
■料金/1回100円(保険料)
■定員/各回先着30名
■予約/当日10:00より現地にて受付
■そのほか/濡れてもいい服、または水着、サンダル(裸足は禁止)
      ヘルメットやライフジャケットの貸し出しあり。

冒険ポイント
普段は立ち入ることができない場所で「渓流スライダー」と「滝行体験」ができる!水の力強さなどを知ることができます。

河川環境楽園の木曽川水園では4年ぶりに「渓流スライダー」が復活。濡れてもいい服や水着、サンダルで各回40分すべり放題!8月5日と6日は落差8mある大滝で「滝行体験」もできます。自然のおもしろさ、ふしぎなことにふれられる「ネイチャーイベント」は、8月はほぼ毎日開催されます。

滝行体験

■開催日/2023年8月5日(土)、6日(日)
     雨天・曇天時中止
■時間/13:30〜15:00
    1回5分程度
■場所/河川環境楽園 木曽川水園 大滝
■対象/小学生以上
■料金/1回100円(保険料)
■予約/当日現地にて受付
■そのほか/濡れてもいい服、または水着、サンダル(裸足は禁止)
      ヘルメットやライフジャケットの貸し出しあり。
      小中学生は滝つぼ前で水しぶきを浴びるまでの体験になります。

木曽川水園で行われる滝行体験の様子
落差8mの滝で滝行体験(画像提供:河川環境楽園 自然発見館)

クラフト、実験、観察、野外活動など、毎月開催の「ネイチャーイベント」

観察する、工作する、遊ぶ、食べる、調べる、感じるの6つのカテゴリーを通じて、自然の”ふしぎ”を学べるネイチャーイベントは週末を中心に開催。8月はほぼ毎日、開催されているので、気になるプログラムがあったら予約をして参加しよう。

取材に訪れた日は「光のプリズムをつくろう」が開催されていました。講師はNPO法人 生態教育センターの指導員さん。光はプリズムを通すと、七色に色が分かれて見えます。この不思議な「光のプリズム」を自分の手で作って、実験をする講座でした。NPO法人 生態教育センターは生物多様性の保全や環境教育などに関する調査や研究などを行う団体です。自然の不思議やおもしろさを教えてくれています。

自然発見館で開催されるネイチャーイベントの様子
「光のプリズムをつくろう」では、光が虹色に見える分光器を作ります(©️SAKURA編集部)
自然発見館で開催されるネイチャーイベントで講師を務める指導員さん
指導員のなるちゃんが、分かりやすく光について教えてくれました(©️SAKURA編集部)
自然発見館で開催されるネイチャーイベントの様子
みんなで協力しながら光のプリズム(分光器)を作ります(©️SAKURA編集部)
自然発見館で開催されるネイチャーイベントでは、工作体験も
工作に必要な材料や道具は用意されているので、気軽に参加することができます(©️SAKURA編集部)

光のプリズムが完成したらいよいよ実験。ネイチャーイベントでは、自分の目で作って、確かめて、感じたり考えたり、不思議に思ったりすることを大切にしています。

自然発見館で開催されるネイチャーイベントの様子
「見て見て!」完成した光のプリズムを覗きながら電灯を見ると、光が虹色に見えて大興奮!(©️SAKURA編集部)
自然発見館で開催されるネイチャーイベントで実験中
電灯は白色光。では、LEDの光ではどんなふうに見える??作った分光器を持ち帰って、家で実験することもできます(©️SAKURA編集部)

ネイチャーイベントは
・ローズマリー石鹸づくり
・色いろひかるドロ団子づくり
・『液状化』実験装置を作ってみよう!
・のぞいてみよう!土に暮らす生きもの
・身近なハンター!クモの不思議
など、年間を通してさまざまなプログラムが週末を中心に開催されています。
また、未就園児向けのイベント、じっくり一年を通して学べる年間会員イベントもあり、子どもや自分が関心あるモノやコトを深掘りすることができます。

自然発見館「ネイチャーイベント」はこちらから

「自然発見館」の館内もチェック!

館内のにも興味深い展示物がいっぱい。クイズをしながらいきものについて詳しく知ることができたり、木曽川に棲むいきものを目の前で観察することもできます。

自然発見館の館内の様子
木曽川周辺に棲むいきものを知り、観察ができるコーナー(©️SAKURA編集部)
自然発見館の館内に展示されている魚
「河川環境楽園」内の「木曽川水園」にはどんないきもの棲んでいるのかチェックしておこう(©️SAKURA編集部)
自然発見館の外観
川の自然環境や生態が学習できる「自然発見館」(©️SAKURA編集部)

木曽川の源流から輪中のある下流までをモチーフにした「木曽川水園」

「木曽川水園」では、川沿いを散策したり、「じゃぶじゃぶの河原」で水遊びをしたり、川や自然に親しむことができます。

農家の風景が広がる木曽川水園
農家の風景をモチーフにしたエリア(©️SAKURA編集部)
木曽川水園の吊り橋の風景
「吊り橋」がかかる場所は長野県上松町の「寝覚の床」がイメージされています(©️SAKURA編集部)
木曽川水園の大滝
高さ8mの「大滝」。滝行体験はここで行われます(©️SAKURA編集部)
木曽川水園の垂水の沢
雨上がりには靄に囲まれることもある「垂水の沢」は木曽川の源流がモチーフになっています(©️SAKURA編集部)
木曽川水園の観察窓
川の中を泳ぐ魚を観察することができる「観察窓」。洞窟の下にあるよ(©️SAKURA編集部)
ネイチャーイベント、木曽川水園がある環境共生型テーマパーク
河川環境楽園 自然発見館

カセンカンキョウラクエン シゼンハッケンカン

岐阜県
アクセス:【車】東海北陸自動車道「川島PA・ハイウェイオアシス」から徒歩1分、または、東海北陸自動車道「一宮木曽川I.C.」から約20分 【公共交通機関】「笠松駅」から岐阜バス「笠松川島線」乗車、「河川環境楽園」下車すぐ

0586-89-7023
3月1日〜5月31日 9:30〜18:00、6月1日〜8月31日 9:30〜19:00、9月1日〜2月末日 9:30〜17:00
第2月曜日(8月は除く、休日の場合は直後の平日)、年末年始
有(無料)
無料
https://www.kisosansenkoen.jp/

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちらから

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Akiko.Iです!地元の美しい風景、四季の移り変わり、ワクワクなイベントを探求、発掘していきます。

よかったらシェアしてね!

いいね👍体験口コミ

コメントする

19 − fourteen =