岐阜県|高山市|下一之町|アート・絶景を巡る秋のフォト旅|
高山昭和館

★ 【最新版】岐阜近郊 アート・絶景を巡る秋のフォト旅★

映画の撮影セットに迷いこんだようなミュージアム

高山昭和館の昭和30年代の街並みを再現した館内
館内は撮影スポット多数(©️SAKURA編集部)

館内は昭和30年のレトロな町並みをはじめ、昭和時代の学校や生活の場が再現され、昭和時代に使われてきた展示品が並んでいます。この光景に懐かしさを感じる人もいれば、新しい文化に思える若者もいるかもしれません。当時のファッションを身に纏って撮影すれば、まるでタイムスリップしたかのような作品がつくれます。

 フォトポイントはココ!
懐かしい街並みは高山昭和館のフォトスポット
ミゼット、赤いポストなど映画のセットのよう(©️SAKURA編集部)

昭和30年代の町並み

映画のセットのようなまちなみ。

茶の間を再現した高山昭和館の館内
懐かしいもの、貴重なものを探してみよう(©️SAKURA編集部)

昭和時代の生活スペース

懐かしいものがいっぱいの居間。

見どころいっぱい、昭和時代の「物を大切にする精神」と「人々のあふれるパワー」が伝わってくるコレクション

館内の展示品は、使う人が大切にしてきた昭和時代の物、道具、文化です。今の風景とは少し異なる街並みや茶の間(リビング)も再現されています。人々と生活を共にしてきたこれらの物を考えると、当時の使い方や、作り手の工夫などを感じとることができるでしょう。昭和時代を生きた人なら、昔の記憶がよみがってくることも。一点、一点、立ち止まりながらゆっくり館内を回るのもおすすめです。

高山昭和館の外観
「高山昭和館」の映画館のような外観(©️SAKURA編集部)
赤い郵便ポストがある高山昭和館の館内
街角など、展示品が使われていた背景がイメージしやすい(©️SAKURA編集部)
昭和時代の学校を再現した高山昭和館
小学校の様子(©️SAKURA編集部)
茶の間の空間に生活道具が展示されている高山昭和館
昭和時代の暮らしの風景も見どころがいっぱい(©️SAKURA編集部)
懐かしいホーロー看板のある高山昭和館
ホーロー看板もたくさん!(©️SAKURA編集部)
カメラやビデオカメラなどが展示されている高山昭和館
カメラ、ビデオカメラなど映像機器のつくりを現代のものと比べてみよう(©️SAKURA編集部)
人形や文房具が展示されている高山昭和館
人形やおもちゃ、文房具も!(©️SAKURA編集部)
パチンコ屋スマートボールで遊べる高山昭和館
実際に遊ぶことができる遊技台に挑戦してみよう(©️SAKURA編集部)

合わせて訪れたい、高山美術館「山下清原画展」

放浪の天才画家、山下清の原画作品120点と記録写真が常設展示されています。山下清は障がいを抱えながらも、昭和15年から31年の16年間、全国各地を放浪しながら一宿一飯のお礼に作品を描きました。独特な技法、独特な色彩で描かれた素朴な作品を鑑賞できます。

高山美術館山下清原画展の外観
「高山昭和館」から徒歩2分の「山下清原画展」(画像提供:山下清原画展)
高山美術館山下清原画展の館内にも並ぶ昭和の展示品
昭和の展示品やお土産コーナーも充実(画像提供:山下清原画展)

岐阜県高山市下三之町1-19
0577-36-3124
平日11:00〜16:00(最終入場15:40)、土日祝日11:00〜17:00(最終入場16:40)
火・水曜日
入館料 大人700円、中高生500円、4歳〜小学生300円、幼児無料

飛騨高山にあるレトロなミュージアム
高山昭和館

タカヤマショウワカン

岐阜県高山市下一之町6
アクセス:【車】中部縦貫道「高山I.C.」よりR41経由約10分 【公共交通機関】JR「高山駅」下車、徒歩約15分。

0577-33-7836
10:00〜17:00
年中無休
入館料 大人800円、中高生500円、4歳〜小学生300円、幼児無料、75歳以上500円
無(近隣の市営駐車場などを利用) 
https://showakan.jp

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちらから

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Akiko.Iです!地元の美しい風景、四季の移り変わり、ワクワクなイベントを探求、発掘していきます。

よかったらシェアしてね!

体験口コミコメント

コメントする

four × 4 =