岐阜県|岐阜市|薮田東|注文住宅特集|
株式会社 新和建設

『新和建設』のコンセプト。それは“住みやすい”家。

注目イベント

Coming soon

時間:10:00~16:00(予約制)
上記以外日程はご予約ください

詳細詳細はHPにて。(事前予約はお電話またはHPより)独自のCS構法・180%の耐震性を誇る超耐震ハイブリット構法を実際に見学!

主な工法と主なスタイル
木造在来工法
平屋
自然素材
長期優良住宅
ZEH
LCCM住宅

POINT
構造材に高耐久の「東濃桧」を使用
独自のCS構法「耐震+制震MIRAIE」
高断熱樹脂サッシ+Low-Eペアガラス標準仕様
長期優良住宅の基準を標準仕様でクリア
万が一の火事でも安心・省令準耐火構造
長期保証システムと生涯無料点検で安心

■実績棟数:5000棟
■創業:昭和44年
■施工可能エリア:岐阜・愛知
■坪単価の最多価格帯:
55万円~60万円

岐阜市新和建設。岐阜県庁前のモデルハウスでの写真説明における1枚。木調キッチンと、白いクロス、採光が取り込まれている。
無垢材の造作で叶えるワークスペース。(画像提供:新和建設)
岐阜市新和建設。岐阜県庁前のモデルハウスでの写真説明における1枚。玄関のベンチ。木製の造作。奥には中庭に続く窓
玄関にはベンチを作り、生活に寄り添う提案を。(画像提供:新和建設)

このブログでは『新和建設』が大事にする家づくりのコンセプトと、今までに建ててきた住宅の見所を写真でご紹介。

きっとこんな家が建てたいな。と思うはず。そんな希望を持たれたら『新和建設』に足を運んでみてください。きっと、満足できるお話が聞けると思います。

平屋の家。勾配屋根を付けることで、ロフトも設計、岐阜市新和建設。岐阜県庁前のモデルハウスでの写真説明における1枚。
『新和建設』の代表的な平屋の家。岐阜エリアでは全体の45%が平屋住宅。(画像提供:新和建設)

『新和建設』は“デザインありき”ではなく、使いやすさに徹底的にこだわった住まいづくりを提案。その“住みやすさ”や“使いやすさ”には、もちろん耐久性や耐震性、そういった極当たり前の事も含まれます。

具体的な工法や展示場モデルハウスのポイント等はコチラの記事でも紹介しておりますのでご確認ください。

あわせて読みたい
岐阜県|岐阜市|薮田東|オープンハウス・展示場 編
株式会社新和建設 岐阜県庁前展...
【古き良き日本の心を現代に受け継ぐ。自然と寄り添い暮らす家。】 展示場 ほっとする香り、木のぬくもりや質感、懐かしさを感じる木のある空間。暮らしの中で五感に響...

ここでは、ざっくりと『新和建設』の工法とコンセプトの関係性の説明だけした後に実際に家を建てる際の大事なイメージを膨らませていただく為、幾つもの写真を用いて注文住宅のイメージを拡げていただければと思います。

『新和建設』の工法

『新和建設』の工法は平たく言えば木造在来軸組工法。在来軸組工法とは柱と梁という考え方のもと住宅を構築し、その縦横斜めの基軸で住宅を支えていく、という考え方。

木造の中に、もう一つ有名な工法“2 x 4(ツーバイフォー)”がありますが、この“2 x 4(ツーバイフォー)”とは面で衝撃を受ける、という考え方の工法。つまり、梁や柱といった考え方はなく、面(合板であることが多い)で衝撃を吸収します。正直、耐震性に大きな差は生まれてこないと思います。ただし在来工法には、その国の“文化”が根付いていると、澤田さん。

例えば和室を見た際に在来工法であれば梁や柱をあえて剥き出しにして“趣”として楽しむ文化があります。“大黒柱”も躯体の一部で昔はこれに子供の成長記録を刻みつける等、むき出しであったことが伺えます。

岐阜市新和建設。岐阜県庁前のモデルハウスでの写真説明における1枚。和室。円がデザインで施される。テーブルと畳。
和室の柱などは躯体そのもの。(画像提供:新和建設)

もちろん“2 x 4(ツーバイフォー)”後方でも、あらわし梁やあらわし柱の様に、そこに“デザインとして”梁や柱を入れ込むことは可能。しかし、それは文化に根付くものではなく、あくまで“デザイン”です。つまり『新和建設』では“在来軸組工法”を“文化”として楽しんでほしい、そんな思いが込められていると聞きます。

岐阜市新和建設。岐阜県庁前のモデルハウスでの写真説明における1枚。間接照明の入った玄関。黒いタイルに光が反射。
在来軸組工法は“文化”であると、スタッフの澤田さん。(画像提供:新和建設)

『新和建設』は木材にもこだわり

使用している木材は国産。特に岐阜地域では東濃桧を使用した住まいの提供をしています。

リビングに畳が敷かれる。無垢材の柱、岐阜市新和建設。岐阜県庁前のモデルハウスでの写真説明における1枚。
岐阜県内の施工住宅は、東農桧である場合がほとんど。同デザインはリビングに畳を持ってきた和風空間。
(画像提供:新和建設)

このように“住みやすさ”や“使いやすさ”にこだわり日本の文化を守りながら、住まいづくりのお手伝いをしている会社。ここからは実際の物件を基に『新和建設』のこだわりをご紹介。

こだわりの施工例 1.『新和建設』らしい“木”を意識したデザイン
天然木のテーブル、無垢床、天井の無垢。木で統一された空間。岐阜市新和建設。岐阜県庁前のモデルハウスでの写真説明における1枚。
天井、表し、床、テーブル。すべてが無垢材で作られ、“木”で統一された空間に。(画像提供:新和建設)
岐阜市新和建設のリビング1例
勾配天井に表しを設けテレビ裏も木材を使用することでナチュラルモダンな印象に。(画像提供:新和建設)
新和建設のカフェスタイルキッチン
キッチン造作も木製で統一しアクセントクロスを貼る。プロ風のコンロを持ってきて、雰囲気抜群。(画像提供:新和建設)
新和建設の代表的なリビング
ヒノキの床材にスギ製の引き戸と表し。『新和建設』の得意とする住まい空間。(画像提供:新和建設)
新和建設のカリフォルニア風スタイル
ヘリンボーン張りの床材に敢えて天井の表しを塗装。アメリカンライクな空間演出を心掛け。(画像提供:新和建設)
こだわりの施工例 2.ユニークなデザイン。こんなアイデアも施工可能
新和建設の木目調パントリー。
近年では大小関わらずパントリーをつけるのは当たり前。このような造作も木材使用でナチュラルな雰囲気に。(画像提供:新和建設)
白調のヨーロピアンなキッチン。
ヨーロピアンシリーズ(フラン)に似せたアーチ状の天井ドア。フランスの田舎をイメージ。(画像提供:新和建設)
モダンな雰囲気でカップボードをカバー
パントリーやカップボード自体を隠す引き戸も近年、要望の多いアイデア。LDKの印象が大きく変化。(画像提供:新和建設)
階段下の有効活用が得意な新和建設
スキップフロアの階段下を有効活用。奥の引き戸から別部屋へ移動可能。(画像提供:新和建設)
金属製インテリア採用のモダンキッチン
カフェスタイルには、金属の質感を残した照明が合う。(画像提供:新和建設)
ホテルライクな造作洗面台
ホテルライクな洗面造作。洗練された洗面台は憧れの一つ。(画像提供:新和建設)
自然な採光が美しいトイレ
トイレすら洗練された空間に。すりガラスを入れることで自然の採光を取り入れ。(画像提供:新和建設)
目立たず、手洗いスペースを作った玄関
玄関口の手洗いスペースも素材を統一。手洗いスペースだと気が付かないほど洗練。(画像提供:新和建設)
ログハウス風デザインの土間リビング
薪ストーブと全開放サッシを取り付けた土間リビング。ログハウスのような雰囲気が◎。(画像提供:新和建設)
ボルタリングの造作を施したフリースペース
趣味部屋。2階のフリースペースに造作。ボルタリングの練習スペースを作るほどの発注者の熱意が伝わります。(画像提供:新和建設)
物干し竿を作り、広めな水回り。
室内物干しを採用。近年、要望の多い3~4畳の広いスペース。(画像提供:新和建設)
こだわりの施工例 3.外観も様々に対応できます。希望のスタイルをお探しください。
モダンな外観の新和建設
塗り壁でモダンな印象。壁面を斜めにする造作は住宅のフォーカスポイントに。(画像提供:新和建設)
勾配屋根で雨対策を設けた外観
軒がない分スッキリしたデザイン。雨水のはけ口を取り入れながらの設計。(画像提供:新和建設)
人工芝で中庭を大きくカバー
人工芝はグレードによって価格はピンキリ。お手入れも少なく済むので予算に余裕があれば、ぜひ取り入れたいアイデア。(画像提供:新和建設)
昔ながらの住宅が得意な新和建設
和モダンな印象の住宅。『新和建設』の得意なスタイル。(画像提供:新和建設)
アメリカンな雰囲気の外観
木造=和の雰囲気を覆すアメリカンスタイル。西洋海岸風のデザインが秀逸。(画像提供:新和建設)
タイルと木造の格子でモダンな雰囲気。
和の印象を崩さない前面のタイルデザイン。タイル分量を細かく調整し軒を深く設計。(画像提供:新和建設)
平屋住宅が得意な新和建設
『新和建設』得意の平屋住宅。勾配天井にすることで屋根裏収納の設計も可能。(画像提供:新和建設)
暗めの外観がトレンド
周りとの境界線がはっきり映るダークトーンの住宅がトレンド。その中でも木材をアクセントで取り入れメリハリを強調。(画像提供:新和建設)

いかがでしたでしょうか?『新和建設』の施工事例を各ブロックに分けてご紹介させていただきました。

今回お見せした施工事例は、あくまで一例。これ以上に多くの施工例をかかえているので注文住宅のイメージを膨らませるためにも、一度『新和建設』へ足を運んでください。

株式会社 新和建設/住宅アドバイザー

原 佑真さん

一生に一度の住まいづくりを、安心・丁寧に分かりやすくサポートさせて頂きます。木と共に暮らす家をご提供致します。

株式会社新和建設 原 佑真さん(画像提供:株式会社新和建設)
SAKURA編集部₋Shota.A

写真を基に、どんなデザインが作れるのか、そのポイントを紹介してもらいました。木造軸組みなら、様々なデザインが取り込めるのもうれしいですね。

美しさと快適さを両立した木の家
株式会社新和建設

カブシキガイシャシンワケンセツ

(画像提供:株式会社新和建設公式サイトより)

岐阜県岐阜市薮田東1-3-20
アクセス:岐阜ハウジングギャラリー展示場内

058-272-1670
10:00~18:00
https://www.sinwanet.co.jp/
sinwanet
特定建設業 国土交通大臣許可(特-2)第10372号
宅地建物取引業 国土交通大臣許可(5)第5798号

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちらから

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Kotoe.K

SAKURA編集部_Kotoe.Kです!お酒と美容が好きな2児のママです。
寝かしつけの後の晩酌を目指して今日も頑張ります♪


よかったらシェアしてね!

いいね👍体験口コミ

コメントする

18 − 1 =