岐阜県|岐阜市|下土居|
JAぎふ おんさい広場鷺山

Contents

地元生産者が栽培した新鮮、採れたての農産物をお得に直売されています

JAぎふおんさい広場鷺山(©️SAKURA編集部)

地元生産者が栽培した新鮮、採れたての農産物を直売!毎週末を中心に開催されるイベントもあり、お得に、楽しく買い物ができる産直市場です。

店内商品は新鮮な旬の野菜がメイン!

生産者自身が毎朝並べる、旬の地元野菜がたくさん!出荷される野菜は栽培日誌でチェックされ、安心・安全で新鮮な農作物が販売されています。

毎日、開店時間と同時のお客さんが多数入店し、早い時間に売り切れてしまう商品もあります(©️SAKURA編集部)
緑黄色野菜、根菜のほか、ハーブなどが販売されていることもあります(©️SAKURA編集部)
生産者が直接、野菜を並べています(画像提供:おんさい広場鷺山)
冬なら、鍋の具材が全て揃うほど品揃え豊富(©️SAKURA編集部)

丁寧に栽培された採れたて野菜をみなさんにお届けしています。一般のスーパーでは流通していない、珍しい野菜が出荷されていることもあります。宝探しの気分でお買い物を楽しんでください。お買い得日もあります。

JAぎふ おんさい広場鷺山 店長 井川敦さん、JAぎふ 営農部 地消地産推進室 伊藤誠さん(©️SAKURA編集部)

1月末〜2月シーズンの旬野菜

焼いても、煮てもおいしい「キャベツ」。もちろんサラダにも!(画像提供:おんさい広場鷺山)
「ブロッコリー」は茹でておけば、お弁当に入れるだけで華やかに(©️SAKURA編集部)
おでんに欠かせない「だいこん」。シャキシャキ生で食べたい春だいこんも待ち遠しい(©️SAKURA編集部)
岐阜の冬の特産品「ほうれんそう」は豚肉と合わせたほうれんそう鍋がおすすめ(画像提供:おんさい広場鷺山)

岐阜いちごを買うならココ!
毎月15日は「いちごの日」

JAぎふおんさい広場鷺山では、地元生産者が大切に育てた岐阜生まれの品種「濃姫」「美濃娘」「華かがり」を販売しています。生産者が直接店頭に並べるなど、摘みたて新鮮!シーズンが終わる5月までの毎月15日は『いちごの日』を開催。お得に購入できます。

美濃娘、濃姫など岐阜いちごが並びます(©️SAKURA編集部)
みんな大好き「いちご」のコーナー(画像提供:おんさい広場鷺山)
JAぎふおんさい広場鷺山 岐阜いちご
摘みたて新鮮!岐阜いちごを味わおう(©️SAKURA編集部)
JAぎふおんさい広場鷺山 岐阜いちご
1パック300円台~500円台で販売しています!(©️SAKURA編集部)

子どもたちの絵も見て欲しい!

近隣の幼稚園児が描いた野菜の絵が、商品棚を賑やかにしてくれています。個性あふれる絵に感心してしまうことも。子どもたちの観察力に脱帽!

ポップと一緒に、子どもたちが描いた野菜の絵が楽しい(©️SAKURA編集部)
個性があって見応え十分(©️SAKURA編集部)

店内製粉の米粉パンを販売「きらきら工房」

岐阜県産のお米「ハツシモ」を店内製粉した米粉を使用した「米粉パン」が販売されています。グルテンも少し入っているので、もっちり、ふんわりとした食感です。

惣菜パン、お菓子パン、種類豊富なパンコーナー(©️SAKURA編集部)
店内人気No1の「おんさいメロンパン」。包んだ練乳バターが溶けて空洞に。しっとりじんわりのおいしさ(©️SAKURA編集部)
季節に合わせた新商品のパンもあります(©️SAKURA編集部)

食感がたまらない、一度食べて見て欲しい「米食ぱん」

もっちりハツシモ米食ぱん。米粉の食パンとして、何度も開発が重ねられた食パンです。

米食ぱん(200円)(©️SAKURA編集部)
土曜日、日曜日は「抹茶食ぱん」(280円)と「レーズン食ぱん」(280円)が登場します(©️SAKURA編集部)

「米食ぱん」は予約も受け付けています。新商品も毎月開発しています。お楽しみに!

「きらきら工房」のスタッフさん(©️SAKURA編集部)

注文を受けてから精米 お米コーナー

注文を受けてから玄米をその場で精米。岐阜県産がメインのコシヒカリ、ハツシモ、にじのきらめきなどのブランド米が1kg(玄米)から購入できます。

1kg単位で欲しい分だけ購入できて、精米したてのお米が食べられます(©️SAKURA編集部)

地域連携で生まれた米の新品種「にじのきらめき」

JAぎふと岐阜農林高校が連携し、栽培研究に取り組んだ新品種です。食味はコシヒカリに近い、滑らかさとうま味があります。

「にじのきらめきプロジェクト」のきっかけは、気候変動の影響でコシヒカリの収穫量が減少していることから。これに対応するため、2018年に「にじのきらめき」が誕生し、2020年に岐阜農林高校での栽培研究がスタートしました。

名前の由来は、コシヒカリに近い食味があること、高温でもよく実ること、収穫量が多いことなど、特性が虹のように多彩であり、ご飯が艶やかであることからです。

「にじのきらめき」は気軽に購入できるスティック米としても販売されています(©️SAKURA編集部)
いろいろなブランドを試したい方におすすめの2合炊き「スティック米」。好きな味を探すことができます(©️SAKURA編集部)

食べ比べで人気が高かった「にじのきらめき」、おいしいですよ!

お米コーナーのスタッフさん(©️SAKURA編集部)

まだまだあります、商品豊富な店内

店内はほかの岐阜県産野菜をはじめ、加工品、漬物、豆腐などが販売されています。園芸コーナーは春に向けて、切花、鉢花が続々登場します。

楽しい店内づくりにも力が入れられているので、ワクワクした気持ちで買い物ができます。

切り花や鉢花も豊富に揃います(©️SAKURA編集部)

「ベジチェック」で野菜摂取量をチェックしてみよう

推定野菜摂取量を見える化した「ベジチェック」が設置されています。測定方法は手のひらをセンサーに30秒置くだけ。判定は12段階で、レベル7以上で足りていることになります。

野菜の目安摂取量は1日350gです。もし不足している場合は店内で野菜を買い足して、野菜不足を補うことができます。そして、次の来店時にもう一度チェックしてみよう!

測定は無料(©️SAKURA編集部)
誰もが気軽に利用することができます(©️SAKURA編集部)

お買い得日もたくさんあります

●毎週水曜日「得とく水曜市」
 お値打ち品がたくさん登場します。
●毎週土・日曜日・祝日「お米特売日」
 玄米1kgあたり30円引き
●毎月8日・18日・28日「お米の日」
 玄米1kgあたり50円引き。

毎日新鮮野菜を生産者が持参、お得に旬の野菜を直売
JAぎふ おんさい広場鷺山

ジェイエーギフ オンサイヒロバサギヤマ

岐阜県岐阜市下土居212-2
アクセス:【車】岐阜県道77号岐阜環状線 「下土居正明寺」交差点を北へ入ってすぐ

058-296-6033
9:30~17:00(日曜・祝日は9:00〜17:00)
年末年始
有(無料)

岐阜近郊の「おんさい広場」をご紹介

おんさい広場はぐり
岐阜県羽島郡岐南町三宅9-50
058-245-8881
9:30~17:00(日曜・祝日は9:00〜17:00)
年末年始
有(無料)


おんさい広場真正
岐阜県本巣市宗慶467-1
058-323-6351
9:30~17:00(日曜・祝日は9:00〜17:00)
年末年始
有(無料)

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちらから

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Akiko.Iです!地元の美しい風景、四季の移り変わり、ワクワクなイベントを探求、発掘していきます。

よかったらシェアしてね!

いいね👍体験口コミ

コメントする

fifteen + six =

Contents
閉じる