岐阜県|郡上市|八幡町|お城・城跡
郡上八幡城

日本最古の木造再建城と紅葉のコントラストが美しい城

紅葉と郡上八幡城の風景
白亜の天守と青空、赤いろの紅葉のコントラストが美しい郡上八幡城(画像提供:一般財団法人郡上八幡産業振興公社)

2023年は再建90周年の記念の年

起源は戦国時代末期、「赤谷山城の戦い」で遠藤盛数が陣の場所を構えたのが始まり。その後、盛数の子慶隆が郡上を統一し、城や城下町を建設しました。天正16年(1588年)には、斎藤道三や織田信長に仕え活躍した稲葉一鉄の子、稲葉貞道が領主になりました。 現在の天守は昭和8年に再建され、今年、再建90周年となります。木造の再建城としては日本最古。4月29日には展示替えなどが行われ、リニューアルオープンしました。四季折々いろいろな表情を見せてくれる中、秋は紅葉が白亜の天守を包み込むような景色が見られます。
4層5階建ての天守は1層から2層にかけて吹き抜けとなっています。最上階から城下町を眺めると、魚のような形になったまちなみが見られます。

登城の記念にゲットしたい

御城印

通常版に加えて、金の御城印(毎月最終金曜日)、天守再建90周年の記念切り絵御城印(紅葉バージョン)があります。
※切り絵御城印は限定3000枚
【場所】郡上八幡城
【時間】3月〜5月と9〜10月 9:00~17:00
    6月~8月 8:00~18:00
    11月~2月 9:00~16:30
【料金】300円

通常版の御城印
通常の御城印(画像提供:一般財団法人郡上八幡産業振興公社)
紅葉バージョンの切り絵御城印
切り絵御城印の紅葉バージョン(画像提供:一般財団法人郡上八幡産業振興公社)

もみじまつり

■日程/2023年11月3日(金・祝)~11月23日(木・祝) 主に土曜・日曜・祝日に開催
■場所/郡上八幡城

★ライトアップあり
紅葉ライトアップは11月10日(金)〜19(日) 
最終受付19時45分、20時まで入城可能

郡上八幡城の夜間ライトアップの風景
夜間ライトアップされる郡上八幡城(画像提供:一般財団法人郡上八幡産業振興公社)
カラフルにライトアップされる郡上八幡城
郡上八幡城がカラフルにライトアップされることもあります(画像提供:一般財団法人郡上八幡産業振興公社)

一緒に巡りたい「郡上八幡城下町」

吉田川、宗祇水、やなか水のこみち、生活に密着した用水路が流れるいがわ小径など、水と暮らす城下町の風景を感じることができます。

郡上八幡のいがわ小径の風景
郡上八幡城下町にあるいがわ小径(©️SAKURA編集部)
日本最古の木造再建城
郡上八幡城

グジョウハチマンジョウ

岐阜県郡上市八幡町柳町 一の平659
アクセス:【車】東海北陸自動車道「郡上八幡I.C.」より約12分

0575-67-1819 (一般財団法人郡上八幡産業振興公社)
3月〜5月、9〜10月 9:00~17:00
 6月~8月 8:00~18:00
 11月~2月 9:00~16:30
12月20日〜1月10日
大人(高校生以上)400円、小人(小中学生)200円
有り 郡上八幡城駐車場(山頂駐車場)はありますが、城山公園駐車場、城下町プラザ駐車場利用がおすすめ

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちらから

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Akiko.Iです!地元の美しい風景、四季の移り変わり、ワクワクなイベントを探求、発掘していきます。

よかったらシェアしてね!

いいね👍体験口コミ

コメントする

15 + 3 =