岐阜県|大垣市|俵町|にしみの旬の企業レポート|LIKES
栄光堂ホールディングス株式会社

奥の細道むすびの地ににぎわいスポット「船町ベース」誕生!

船町ベースの外観
壁一面のガラス窓が開放感を与える建築デザイン。道路からは「シン・金蝶堂」の店内や厨房の和菓子作りの様子を眺めることができる。
(©️SAKURA編集部)

俵町に本社を置く菓子製造販売の老舗企業。2024年3月、話題の商業施設「船町ベース」を誕生させました。

水の都で育ったCEOが文化を継承していく。金蝶饅頭を生み出した老舗和菓子店も復活!

春は桜並木で彩られ、舟下りも風物詩となっている奥の細道むすびの地。この大垣市屈指の観光スポットに、2024年3月20日、和菓子店とカフェが併設するお洒落なにぎわいスポット「船町ベース」が誕生しました。菓子製造販売業を国内外で展開する栄光堂ホールディングスの新事業です。

ベースとは基地の意味で、この地で生まれ育った同社の鈴木伝CEOが、子ども時代に水門川近辺で基地を作って遊んだ思い出から、人々が集う楽しいスペースになることを願って名づけられました。

船町ベースの外観
船町ベースの外観
(画像提供:栄光堂ホールディングス)
船町ベースの敷地内に新たに掘った井戸
敷地内に新たに掘った井戸。
(©️SAKURA編集部)

木をふんだんに使った平屋建築は、ブルーボトルコーヒーの店舗デザインを手がけた建築家・長坂常さんによるもの。窓が大きく、外と中の境を感じさせないデザインは、水門川や緑の遊歩道が続く景色にしっくりと馴染んでいます。

祝!金蝶饅頭の始祖である金蝶堂総本店がその名も新しく復活!「シン・金蝶堂」

船町ベース一番の目玉は、「金蝶堂総本店」が「シン・金蝶堂」として復活したこと。金蝶堂総本店は、大垣の銘菓「金蝶饅頭」を江戸末期に生み出した老舗。2019年に惜しまれながら閉店しましたが、地元の和菓子ブランドを守ることを目的に同社が金蝶饅頭の商標権を買い取り、店を復活させました。商標権は店主の吉田大助さん(元・金蝶堂総本店6代目)に返還される予定です。

シン・金蝶堂のロゴ
シン・金蝶堂のロゴ(画像提供:栄光堂ホールディングス)
シン・金蝶堂の初代吉田すゑさんの銅像
金蝶饅頭を大垣で作り始めた初代吉田すゑさんの銅像。
(©️SAKURA編集部)
シン・金蝶堂の金蝶饅頭
すっきりとした味わいの酒素饅頭。薄皮がふっくらとして少し厚めなのが特徴。1個150円(©️SAKURA編集部)
シン・金蝶堂のこぼれどら焼き
水の都の自噴水をイメージしたこぼれるようなあんをきめ細かな生地ではさんだどら焼き。1個220円(©️SAKURA編集部)
シン・金蝶堂の店主 吉田大助さん
「ありがたいことに地元のご縁に救われ、復活することができました。これからは地域のために力を尽くしたいと思っています。」
シン・金蝶堂 店主 吉田大助さん(©️SAKURA編集部)

むすびの地に新カフェ登場!「船町ベースカフェ」

一方、むすびの地にかけた〝おむすび〟や和菓子に合うコーヒーなどを提供する「船町ベースカフェ」も併設。窓が大きく、公園内にあるような雰囲気のカフェ。コーヒーやおむすび、大垣のソウルフード「揚げオダマキ」などを楽しめます。

ここではさまざまなイベントも開催されていく予定です。時代に合った新規事業を鮮やかに打ち出していくのは、栄光堂ホールディングスの真骨頂と言えるでしょう。

船町ベースカフェのロゴ
船町ベースカフェのロゴ(画像提供:栄光堂ホールディングス)

「船町ベースカフェ」のコーヒー豆
和菓子のおいしさを引き立てるコーヒー豆を厳選。
(画像提供:栄光堂ホールディングス)
シン・金蝶堂の揚げオダマキ
サクサクの揚げオダマキ。
(画像提供:栄光堂ホールディングス)
「船町ベースカフェ」の芭蕉むすび膳
芭蕉むすび膳。おむすび単品(3種まで)の合計金額+300円。粒立ちの良い岐阜美濃のブランド米「ハツシモ」使用。単品でテイクアウトも!
(画像提供:栄光堂ホールディングス)
「船町ベースカフェ」のスタッフの皆さん
「ランチタイムに地産地消のおむすびはいかがですか?」
「船町ベースカフェ」のスタッフの皆さん 
(©️SAKURA編集部)

栄光堂ホールディングス株式会社
代表取締役CEO 鈴木 伝

船町ベースは、金蝶堂総本店の復活から始まった企画です。かつて大垣の物流の中心で、文人墨客も集った奥の細道むすびの地の「船町湊」のように、にぎわいを作り出していきたいと思います。

栄光堂ホールディングス株式会社の代表取締役CEO 鈴木伝氏
栄光堂ホールディングス株式会社 代表取締役CEO 鈴木 伝氏
(画像提供:栄光堂ホールディングス)

会社概要

栄光堂ホールディングス株式会社

■設立/明治10年創業
■特徴/昭和初期におもちゃ付きキャラメル「ゼリコ」を製造販売して人気を博し、海外進出。平成20年よりクレーンゲーム用のお菓子などを手掛け、アミューズメント施設向け菓子卸事業が国内トップシェアに。また、積極的にM&A活動を行い、多くのお菓子メーカーの存続をサポートしている。「船町ベース」はクラウドファンディング実施中。

栄光堂ホールディングス株式会社

エイコウドウホールディングスカブシキガイシャ

岐阜県大垣市俵町50

大垣市の「活性化・菓子文化」を提案する複合施設
船町ベース

フナマチベース

岐阜県大垣市船町2-1-1
アクセス:大垣市役所から南へ約550m

シン・金蝶堂

シン・キンチョウドウ

0584-47-7768
8:00〜17:00
水曜

船町ベースカフェ

フナマチベースカフェ

050-8888-4239
11:00~19:00(LO.18:30)
水曜(夏季休みなし)

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちらから

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

Sakura編集部_Keiko.H

SAKURA編集部_Keiko.Hです!新しい何かを見つけたとき、誰かと出会ったときの”感動”が好きです。皆さまが小さな感動、大きな感動とたくさん出会えますように、コツコツ情報発信をしていきたいと思います。

よかったらシェアしてね!

いいね👍体験口コミ

コメントする

twenty + 2 =