岐阜県|岐阜市|下尻毛|春夏のスイーツ編|
末廣屋本店

創業80年以上の歴史が生み出す、素朴で味わい深い和菓子たち

かりんとう饅頭 119円
(画像提供:末廣屋本店)

御菓子司末廣屋本店の看板商品である「かりんとう饅頭」は、北海道産十勝小豆とミネラル豊富な沖縄県産の黒糖を練り込んだ餡を、生地で包み最高級米油で揚げています。小ぶりなサイズ感でありながら、カリッと歯応えのある生地とずっしり詰まったこし餡は食べ応えがあります。

添加物不使用、厳選した材料のみで作られるため、お子様にも安心の優しい和菓子です。地元の人々にとってもはや定番の御菓子であり「末廣屋といえばかりんとう饅頭」というほど親しみのある一品。手土産にしても喜ばれること間違いなし!

末廣屋本店の看板商品
かりんとう饅頭 1個 119円
外はカリッ!中はしっとり黒糖こし餡!食感と香ばしい味わいが◎。

ご紹介の春夏スイーツを担当したのは…

末廣屋本店/代表/安藤 重広さん

新しいことに挑戦し続けお客様の期待に応えたい!

昔から続く定番商品や地元の御菓子は自慢の商品として提供しながら、お客様がいつ来ても楽しんでいただけるように季節のお菓子や新商品の開発にも取り組んでいます。

お客様からの嬉しいお言葉を力に、そのお気持ちに応えられるようスタッフ一同励んでいきます。新しい商品も楽しみにしていてください。

(画像提供:末廣屋本店)
編集者/Mika.K

一口食べた瞬間に香ばしさと黒糖の優しい甘みが口の中に広がります。カリッとした外側としっとりこし餡の食感の違いも楽しめます。地元であるためここのかりんとう饅頭は何度か食べたことがあり私も大好きな一品です。

看板商品のかりんとう饅頭をはじめ、添加物を使用せず厳しく吟味した良質な素材から手作りされた季節のお菓子は真心たっぷり!

冬から春の期間限定販売!和菓子の定番 苺大福

もっちりとした羽二重餅に包まれた餡と、甘酸っぱいイチゴが口の中で重なり合い、爽やかな春の味わいが楽しめます。(通常は白大福のみ)

苺大福 1個 216円
(画像提供:末廣屋本店)
創業80年以上の歴史を持つ老舗和菓子屋
末廣屋本店

スエヒロヤホンテン

岐阜県岐阜市下尻毛383-1
アクセス:尻毛橋を西へすぐ

058-239-2512
8:30~19:00
火曜

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちらから

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Mika.K

SAKURA編集部_Mika.Kです!
気候が良くなるとお家BBQをやりがちな1児の母(アラフォー)。せわしい日常とは対照的に休日はまったり過ごすことがもっぱらです。暮らしに役立つ情報が好きなので、たくさん発信していきたいと思います。皆さんの知っている情報も教えてもらえたら嬉しいなぁ。


よかったらシェアしてね!

いいね👍体験口コミ

コメントする

four × three =