大垣市咲楽|元気人 月10人リレー|2022年9月 1,277人目|
古宮山 理恵さん 

 
中学の同級生
 

大垣市咲楽 元気人 月10人リレー2022年9月 1,277人目
宮山 理恵さん Komiyama Rie
マルコウ梨園|(株)古宮山建設

大垣市・南若森町の梨はみずみずしい大玉が特徴!全国発送も承ります!

マルコウ梨園/古宮山 理恵さん(©️SAKURA編集部)

約80年続く梨づくりの伝統継承、愛情込めて作る美味しい梨の味。

祖父の代から続く「マルコウ梨園」の3代目。そして、父から引き継いだ建設業の家業と、二足の草鞋を持つ古宮山 理恵さん。マルコウ梨園は、約80年ほどの歴史があり戦後から代々続く梨農家で、8月が旬となる品種[幸水]と、9月が美味しい旬となる[豊水]やその他[南水][秋月]の4つの品種を育てています。 取材に伺った8月はまさに梨が旬となり売り場に出始める時期。8月・9月が特にピークシーズンで、冬・春・夏と1年のうちの10ヶ月間を大切に育てられた梨を求めて直売所は毎日大忙しの日々だそうです。

「実は、大垣市南若森町は意外と知られていない”梨ストリート”なんです。」

「昔は30軒あった梨農家も今では13軒ほど。後継者がいなかったり、やはり1年を通して暑い日も寒い日も外での作業がほとんどだったり…それも理由の1つかもしれませんね。」と古宮山さん。昔に比べると半分以下ではありますが、大垣市にこんなにも梨農家があったなんて正直驚きました。 「自然いっぱいのこの南若森町で長く続いていくようにこれからも梨農家として頑張っていきたいと思います。」直売所に梨を買いにきてくれるお客様も幅広く、”昔、子どもの頃に買いに来たことがあるんです”と、今は自分の子どもや孫を連れて一緒に買いに訪れたりと世代を越えて愛され続けている証拠ですね。

愛情込めて梨を育てている古宮山さん
すぐ近くの直売所で販売中!
(©️SAKURA編集部)
マルコウ梨園 直売所
梨を買いに来たお客様がオープン前から駐車場に多数!
(©️SAKURA編集部)
マルコウ梨園さんで収穫された[幸水]
みずみずしく甘い味わい♪
(©️SAKURA編集部 )
マルコウ梨園

マルコウナシエン

岐阜県大垣市南若森町817-2

0584-73-5336

 
仕事繋がり
 

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちらから

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Ayano.T

SAKURA編集部_Ayano.Tです!
2歳児のママとして奮闘中♪カフェ・洋服・音楽・ダンスが大好きです。休日はとにかく外に出たい(笑)美味しいもの、お洒落なもの、子どもの写真がお気に入り♡
地域密着のワクワクする情報をお届けしたいと思います!


よかったらシェアしてね!

いいね👍体験口コミ

コメントする

17 + ten =