令和6年|大垣市
二十歳を祝う会

Contents

晴れやかな笑顔あふれる大垣の若人に祝福が降り注いだ「成人の日」!

「大垣市民の誓い」を参加者全員で朗読(©️SAKURA編集部)

輝く未来への希望、大人としての自覚や感謝、地元のつながりを「二十歳を祝う会」で深めました。

令和6年1月8日の成人の日、大垣フォーラムホテル(大垣市万石)で「令和6年 大垣市二十歳を祝う会」が盛大に開催されました。成年年齢は令和4年から18歳に引き下げられましたが、大垣市では従来通り、20歳の人を対象に祝う会を行っています。令和6年の対象者は平成15年4月2日~平成16年4月1日生まれの大垣市民1,610人。祝う会当日には対象者の8割近い1,269人が参加しました。華やかな振袖やスーツに身を包んだ20歳の青年たちは、ホテル内の5会場に中学校の学区別に分かれて厳かな式典に臨みます。式典後に開催された歓談会では、中学時代の恩師や旧友たちとの再会を楽しみ、思い出話に花を咲かせました。また、当日はインターネットでライブ配信も行われ、来場できなかった人や家族など、多くの人が式典の様子を会場外から確かめ、共に祝うことができました。

祝いの言葉を贈られ、「大垣市民の誓い」を参加者全員で朗読した式典

「二十歳を祝う会」の式典は、参加者たちの卒業アルバム写真の映像上映から始まりました。懐かしい時代が映された和やかな上映タイムが終了すると、大垣市二十歳を祝う会運営委員会委員長による開式の言葉で空気が一気に引き締まります。続いて国歌斉唱、石田仁大垣市長の挨拶、大垣市議会議長などのお祝いの言葉。そして、参加者全員で「大垣市民の誓い」が朗読されました。

大垣フォーラムホテル3階雲海の間での式典風景(©️SAKURA編集部)
式典会場やサテライト会場には複数のモニターが設置され、壇上の様子を間近に見ることができた(©️SAKURA編集部)
厳粛な式典風景(©️SAKURA編集部)
令和6年能登半島地震の犠牲者に全員で黙とう(©️SAKURA編集部)

【大垣市民の誓い】(昭和63年4月1日制定)
私たちは、伊吹山系と揖斐川水系のもつ美しい自然に恵まれ、歴史と文化と産業の伝統を受け継いできた大垣市民です。
私たちは、お互いに誇りと責任をもち、それを未来にひらく、活力にみちたまちづくりをすすめるため、市民の誓いを定めます。
私たちは 水を生かし 緑を広げ 安全に努め 心を育て 助け合います

二十歳を祝う会運営委員会をご紹介!

20歳になる大垣市民有志で組織された運営委員会は、二十歳を祝う会の企画・運営を担いました。委員の仕事ぶりをご紹介しましょう。

堂々と開会の言葉を述べた委員長の龍造寺 陽生さん(画像提供:大垣市)
壇上で「大垣市民の誓い」を朗読した中村 朋裕さん(画像提供:大垣市)
壇上で「大垣市民の誓い」を朗読した若原 杏香さん(©️SAKURA編集部)
司会を務めた川瀬 美鈴さん(左)/服部 百香さん(右)(画像提供:大垣市)
閉会の言葉を述べた副委員長の井原 澄人さん(画像提供:大垣市)

懐かしい友や恩師と旧交を深めた歓談会。楽しい思い出話がつきないひととき

式典終了後は、恩師や旧友との歓談の場が各会場で設けられました。冒頭には、各中学校の恩師による祝辞が述べられたほか、「二十歳を祝う会」の看板を囲んでの記念撮影タイム。その後は自由におしゃべりや記念撮影などを楽しみました。

石田仁大垣市長を囲んで貴重な記念ショット!(©️SAKURA編集部)
石田仁大垣市長を囲んで(©️SAKURA編集部)
西中学校の卒業生、集まれ~!サテライト会場にて(©️SAKURA編集部)
見返り美人(©️SAKURA編集部)
陸上部で共にがんばったメンバーです!(©️SAKURA編集部)
旧友とインスタグラムを交換しました(©️SAKURA編集部)
卒業アルバムを持った恩師と一緒に♪(©️SAKURA編集部)
恩師との話に花が咲く(©️SAKURA編集部)
グローバルに生きていきたい!(©️SAKURA編集部)
懐かしの友と写真撮影(©️SAKURA編集部)
中学2年生の修学旅行のグループです(©️SAKURA編集部)
ヘアアクセサリーがキュートな二人(©️SAKURA編集部)
母親から受け継いだ総絞り(左端)など、個性あふれる振袖を披露する女性グループ(©️SAKURA編集部)
両親に感謝を!(©️SAKURA編集部)
恩師(後列左端)と一緒に(©️SAKURA編集部)
わっしょい!(©️SAKURA編集部)
これからひとりの大人としてがんばっていきたい(©️SAKURA編集部)
くだけた雰囲気で集合写真(©️SAKURA編集部)

会場前でも記念ショット!僕たちはこの日を忘れない――。

会場となった大垣フォーラムホテルの玄関口などには、お祝いムードを高める「二十歳を祝う会」の立て看板があり、格好の記念撮影スポットになっていました。祝う会の前後に友人や家族と一緒に記念撮影する人は後を絶たず。多くの笑顔があふれた一日でした。
成年年齢は18歳になりましたが、20歳はやはり人生の重要な節目のひとつ。「二十歳を祝う会」では、今まで育んでくれた家族や周囲の人たち、社会に感謝するとともに、大人としての自覚と責任ある行動を改めて感じる良い機会になったのではないでしょうか。また、旧交を深めた友たちも、今後の人生を彩る大切な存在になっていくことでしょう。大人として人生の海原に踏み出した人たちにエールを贈ります。

久しぶりに友と会えてうれしいね!(©️SAKURA編集部)
可愛い娘(7か月)と一緒に式に来れて幸せ!(©️SAKURA編集部)
会の終了後、案内パネルの前で記念撮影!(©️SAKURA編集部)

取材協力
大垣市市民活動部市民活動推進課 tel.0584-47-7651

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちらから

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

Sakura編集部_Keiko.H

SAKURA編集部_Keiko.Hです!新しい何かを見つけたとき、誰かと出会ったときの”感動”が好きです。皆さまが小さな感動、大きな感動とたくさん出会えますように、コツコツ情報発信をしていきたいと思います。

よかったらシェアしてね!

いいね👍体験口コミ

コメントする

2 × 2 =

Contents
閉じる