三重県|桑名市|長島町|花火大会・夏祭り特集|
長島温泉 花火大競演

★ 【最新版】岐阜近郊の花火大会・夏祭り2022★

日本最高峰の花火師たちが日替りで競演!コースターや観覧車からの眺めは格別

人気レジャースポットナガシマスパーランド花火大競演
ライトアップされたアトラクションとの色鮮やかなコラボは必見!
(画像提供:ナガシマスパーランド)

2022年8月12日 (金) ・13日 (土) ・14日(日)・15日(月)・20日(土)・21日(日)・27日(土)

■打ち上げ時間/20:00~ 約30分間
■会場/ナガシマスパーランド(要入園券)
■打ち上げ数/各日約1500発
≪雨天・荒天時≫ 小雨決行、荒天時は8月28日(日)以降に順延

ビュースポットはココ!
■特別観覧席(無料)の芝生広場
■観覧車を背景にダイナミックな花火を見られるキッズタウン周辺
■タイミングが勝負!奇跡の鑑賞方法①「スチールドラゴン」の97m上空の眺め
■タイミングが勝負!奇跡の鑑賞方法②夜景も花火も楽しめる「大観覧車オーロラ」

ナガシマスパーランドの夏の風物詩「長島温泉 花火大競演」。 全国の競技大会において優秀な成績を収めた花火師の中から選抜された、日本最高峰の花火師たちによる競演を楽しめる屈指の花火ショー。1979年から始まり、今年2022年で44回目を迎える歴史ある花火イベントです。

打ち上げ花火は園内であればどこからでも楽しめますが、ライトアップされた夜景とともに鑑賞できる観覧車周辺や、キッズタウン周辺が特に人気。仕掛け花火の迫力を感じられる芝生広場もおすすめ。遊園地ならではの眺めを満喫したいという方は、コースターや観覧車からの眺めはいかがでしょうか。まさにタイミングが勝負!‟奇跡の鑑賞方法”に挑戦してみては?

ナガシマスパーランドで繰り広げられる音と光の最高芸術!

【実施煙火店スケジュール】
8月12日(金)菊屋小幡花火店(群馬)
8月13日(土)磯谷煙火店(愛知)
8月14日(日)三遠煙火(静岡)
8月15日(月)磯谷煙火店(愛知)
8月20日(土)三遠煙火(静岡)
8月21日(日)能登煙火(石川)
8月27日(月)三遠煙火(静岡)

打ち上がる花火の数々は、花火師たちが何か月も腕によりをかけて制作した力作で、音や光のシンクロナイズを究極までこだわって作り上げた最高のアート。2022年は全国に名を馳せる煙火店4店の競演が実現します。

●花火界の巨匠と名高い「磯谷煙火店」
2018・2019 全国花火名人選抜競技大会 ふくろい遠州の花火 二年連続 優勝
第93回 全国花火競技大会「大曲の花火」 創造花火 優勝

●花火芸術の先駆者「菊屋小幡花火店」
2018 大曲全国花火競技大会 優勝

●ダイナミック最強花火「三遠煙火」
2019 第63回 全国選抜長良川中日花火大会 優勝
第93回 全国花火競技大会「大曲の花火」10号 自由玉 入賞

●北陸の名匠「能登煙火」 
2018 第62回 全国選抜長良川中日花火大会 優勝

プログラムは日によって替わるため、いつ見ても新鮮です。花火開催日は19時以降の割引入場券も販売されるため、花火だけをオトクに楽しめますよ。

人気遊園地ナガシマスパーランドの夏イベント花火大競演
昼はアトラクションやプール、夜は花火や温泉と、夏の思い出づくりにぴったり!
(画像提供:ナガシマスパーランド)

主催者よりメッセージ
昼はプールや遊園地で楽しんで、夜は花火で楽しんでという1日で2つの楽しみ方が出来る魅力的なところです。ナガシマスパーランドへぜひ遊びに来てください!

ナガシマスパーランドで楽しむ有名花火師たちの競演
長島温泉 花火大競演

ナガシマオンセン ハナビダイキョウエン

三重県桑名市長島町浦安333
アクセス:【電車】名古屋・名鉄バスセンターより「長島温泉」行き直通バス、終点下車すぐ【車】伊勢湾岸自動車道「湾岸長島IC」下車すぐ

0594-45-1111(ナガシマリゾート)
9:30~17:00(時期・曜日により変動あり)※花火開催日は9:30~22:00
1月・6月に数日メンテナンス休業あり
有(1,000円)
[基本料金(入場のみ)] 大人1,600円、小学生1,000円、幼児(2歳以上)500円 [パスポート(入場+のりもの乗り放題)]大人5,500円、小学生4,200円、幼児(2歳以上)2,500円、シニア(65歳以上)2,700円 [花火開催時 限定(19時割引 入場のみ)]大人800円、小学生400円、 幼児(2歳以上) 200円
https://www.nagashima-onsen.co.jp/

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちらから

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部 Megumi.I

SAKURA編集部_Megumi.Iです!初めての街や初めてのお店ってワクワクしますよね。暮らしに役立つ情報を通して、そんな些細なワクワクをお届けできるように頑張ります(^^)

よかったらシェアしてね!

体験口コミコメント

コメントする

four × one =