岐阜県|飛騨市|神岡町|伝統・産業体験めぐり
ひだ宇宙科学館 カミオカラボ

「道の駅 スカイドーム神岡」併設、ニュートリノって?を体感できる無料施設

スーパーカミオカンデの内部の再現映像が見られるカミオカラボ

巨大な半円筒状のスクリーンに、スーパーカミオカンデの内部をフルCGでリアルに再現(画像提供:ひだ宇宙科学館 カミオカラボ)

研究の魅力を広く伝え、科学と社会の新しい関係性をつくるための開かれた場所

ニュートリノの研究施設スーパーカミオカンデをはじめ、宇宙や素粒子の謎を探求するための研究拠点が集まっている神岡町。「カミオカラボ」では、素粒子の不思議を体感しながら学べる施設です。飛騨市内で研究活動に携わっている研究者をゲストとして招き、研究や生活の様子など幅広い内容についての話が聞ける「研究者トーク」が月ごとに開催されています(8月と降雪時期を除く)。

人気の体験MENU

体験展示
ミクロの世界に入ってゲームにチャレンジしたり、物質を通り抜けることができるニュートリノの性質を体感したり、楽しみながら素粒子の不思議を体験できます。

カミオカラボの体験展示
ニュートリノの性質を体感できます(画像提供:ひだ宇宙科学館 カミオカラボ)

スーパーカミオカンデとは? ニュートリノとは?

東京大学宇宙線研究所が運用する世界最大の地下ニュートリノ観測装置が「スーパーカミオカンデ」です。「ニュートラル=電気を持たない中性」と「イノ=小さい(イタリア語)」の意味の名前を持った素粒子が「ニュートリノ」です。スーパーカミオカンデで、ニュートリノの性質を調べるとともに、ニュートリノを使って宇宙の歴史を明らかにしようとしています。

館内の展示品や映像、ゲームで素粒子の不思議な性質を体感しよう

カミオカラボのワンダーシップ
[ワンダーシップ]ニュートリノとの遭遇を大迫力の映像で体感!(画像提供:ひだ宇宙科学館 カミオカラボ)
カミオカラボで再現されている光電子増倍管
[光電子増倍管]スーパーカミオカンデの内水槽の壁面を再現。実際の検出器と同じ材料・取り付け方がされています。(画像提供:ひだ宇宙科学館 カミオカラボ)
カミオカラボのむすびばで開かれるサイエンスコミュニケーターのミニ講座
[むすびば]サイエンスコミュニケーターや研究者によってミニ講座が開催されています(画像提供:ひだ宇宙科学館 カミオカラボ)
カミオカラボの体験展示
模型を使った体験展示で、神岡鉱山が世界最先端の宇宙研究拠点ということが分かります(画像提供:ひだ宇宙科学館 カミオカラボ)
カミオカラボの体験展示の一つシューティングゲーム
シューティングゲームでニュートリノの性質を知ることができます(画像提供:ひだ宇宙科学館 カミオカラボ)
梶田隆章博士のパネルと記念撮影ができるカミオカラボの展示
ニュートリノ研究でノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章博士(パネル)と記念撮影することができます(画像提供:ひだ宇宙科学館 カミオカラボ)
かがくと、ともに。をつくる拠点
ひだ宇宙科学館 カミオカラボ

ヒダウチュウカガクカン カミオカラボ

岐阜県飛騨市神岡町夕陽ヶ丘6
アクセス:【車】東海北陸自動車道「飛騨清見I.C.」より60分

0578-86-9222
9:00〜17:00(入館は16:30まで)
水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
入館無料
有り(無料)
https://www.city.hida.gifu.jp/

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちらから

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Akiko.Iです!地元の美しい風景、四季の移り変わり、ワクワクなイベントを探求、発掘していきます。

よかったらシェアしてね!

いいね👍体験口コミ

コメントする

13 − one =