岐阜県|郡上市|郡上八幡町|花火大会・夏祭り特集|
郡上おどり

★ 【最新版】岐阜近郊の花火大会・夏祭り2022★

日本一のおどりのまち 郡上、郡上おどり保存会は設立100周年を迎えます

郡上おどりの徹夜おどり
お囃子の音色、下駄の音が鳴り響く郡上おどり(画像提供:郡上市商工観光部観光課)

郡上おどり

2022年7月中旬〜9月上旬

■時間/平日・日曜日20:00〜22:30、土曜日20:00〜23:00
■日程・会場/
 7月9日(土)・旧庁舎記念館前[おどり発祥祭](19時30分~)
  16日(土)・上殿町 八坂神社[天王祭]
  23日(土)・旧庁舎記念館前[犬啼水神祭]
  30日(土)・旧庁舎記念館前
 8月1日(月)・本町、大乗寺[三十番神祭]
  6日(土)・積翠園前[宝暦義民祭]
  7日(日)・本町[洞泉寺弁天七夕祭]
  10日(水)・新栄町[恵比須祭][個人おどりコンクール]
  19日(金)・立町[日吉神社祖霊祭][団体おどりコンクール]
  20日(土)・本町[宗祇水神祭]
  24日(水)・上桝形町[桝形地蔵祭]
  27日(土)・新町
 9月3日(土)・新町、今町[おどり納め]

盂蘭盆会(徹夜おどり)

8月13日(土)・14日(日)・15日(月)・16日(火)

■時間/20:00〜翌1:00
■日程・会場/8月13日(土)・新町~橋本町、14日(日)・新町~橋本町、15日(月)・橋本町~新町、16日(火)・本町

見どころはココ!
生演奏のお囃子
■ 日中は郡上市内で、郡上おどりを知ることができる企画展や実演の見学もおすすめ

400年にわたり、城下町郡上八幡で歌い踊り続けられてきた郡上おどり。今年は3年ぶりの開催となります。見るだけではなく「参加するおどり」と言われる通り、地元の方たちはもちろん、観光客も誰もが輪になって踊ることができる雰囲気が魅力です。 7月中旬から9月上旬にかけて、約30夜行われ、徹夜おどりは8月13・14・15・16日の4日間(令和4年は翌1時まで)。お囃子と下駄を鳴らす音が響く中、夏の風情を感じることができます。浴衣でもTシャツでも、服装はなんでもOKですが、踊りの調子や気分を高めるために、ぜひ、下駄を履くことをお勧めします。

また、おどりの曲目10曲は全て国の重要無形民俗文化財に指定されています。

徹夜おどりで賑わう郡上おどり
徹夜おどりで賑わう郡上おどり(画像提供:郡上市商工観光部観光課)
郡上八幡で開催される郡上おどり
郡上おどりは約30夜行われる、日本一のロングランの盆おどり(画像提供:郡上市商工観光部観光課)

郡上おどりは全部で10種類

江戸時代に城下での盆おどりを奨励するため、あちこちの村に伝わっていたおどりを集めたのが郡上おどり。そのため、種類は10種類と多く、それぞれ特徴があります。

かわさき

郡上おどりの代表的な踊り。「郡上の八幡出てゆく時は、雨も降らぬに袖しぼる」の歌詞が知られています。

春駒

アップテンポな踊り。 馬の手綱をさばくような振り付けをします。

三百

稲束を投げる仕草や田げたで田んぼを歩く動きなど、農作業の振り付けがあります。

やっちく

旅芸人が竹片を鳴らしていた曲に振りを付けた踊りです。

げんげんばらばら

江戸時代の御殿女中の手まり遊びが元。着物の袂を押さえる振りが特徴です。

猫の手

養蚕農家がネズミ退治に飼っていた猫がモチーフ。猫の可愛らしい所作が表現されています。

さわぎ

元禄時代に遊里で流行した騒歌(さわぎうた)が踊りになりました。派手な手拍子が特徴です。

郡上甚句

地相撲が盛んだった郡上で謡われた相撲甚句。土俵入りの動きが取り入れられています。

古調かわさき

農耕の所作が踊り化されています。民俗資料としての価値が評価され、国の重要無形文化財に指定されています。

松阪

シンプルながら情感漂う踊り。古くからの慣習で、松阪が流れると、その日最後の踊りになります。

郡上おどりをもっと知る!

「郡上市歴史資料館」(郡上市八幡町中坪226-1)では、「祝!郡上おどり保存会設立100周年-その企画力と実行力-」として、郡上おどりに関連する資料を紹介する展示が9月29日(木)まで行われています。

「郡上八幡博覧館」(岐阜県郡上市八幡町殿町50)では、土日祝日を中心に、郡上おどりの実演が行われています。おどりを覚えたい人は必見!

主催者よりメッセージ
郡上おどりの発展と継承を目的に設立された郡上おどり保存会は今年で100周年を迎えます。また、開催において、マスク着用や検温、入場制限等、コロナ対策を実施しますので、ご協力を願いします。

3日間の徹夜おどりをはじめ、約30夜開催
郡上おどり

グジョウオドリ

岐阜県郡上市郡上八幡町
アクセス:長良川鉄道「郡上八幡駅」下車徒歩約20分、または、東海北陸自動車道「郡上八幡I.C.」より車で約8分。

0575-67-1808(郡上おどり運営委員会(郡上市商工観光部観光課))
 0575-67-0002(郡上八幡観光協会)

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちらから

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Akiko.Iです!地元の美しい風景、四季の移り変わり、ワクワクなイベントを探求、発掘していきます。

よかったらシェアしてね!

体験口コミコメント

コメントする

13 − 8 =