岐阜|地域の咲楽人 812人目|
藤田 智也さん

笑楽では、今後2つ目のグループホームも建設予定です!お困りの方は気軽にお問合せください!

共同生活援助グループホームわらくの家管理者の藤田智也さん
共同生活援助グループホームわらくの家 管理者 藤田智也さん(©️SAKURA編集部)

岐阜|地域の咲楽人 812人目

藤田 智也さん 

Tomoya Fujita

共同生活援助グループホームわらくの家|管理者

「笑顔で、楽しく、自分の家のように生活できる場所」医療・看護・精神ケア一体のサービスを提供!

“精神障がい=心の病気”という受入れ先の少なさやご家族含めた生活環境など困っている方、必要としている方の多さを感じ、今年8月に精神特化型のグループホーム『わらくの家』をオープンした藤田さん。「数値化できない心の中の問題。相手のペースで話を聞き、ふとした表情に目を向ける…特に“聞く力”を大切にしています!」利用者からの“ここにいられて本当に幸せ”という言葉、これこそが一人ひとりに寄り添ったメンタルケアと家庭的な雰囲気づくりを物語っていますね。

新築一戸建で快適な暮らしを提供!(©️SAKURA編集部)
居心地の良い1階リビングスペース。(©️SAKURA編集部)

“精神ケア”にこだわった理由とは?

『わらくの家』を運営する株式会社笑楽の原点は、訪問看護事業。看護師資格を持つ藤田さんが病院や施設などへの訪問看護を行う中で感じたのは、精神ケアの重要性と困っている方、必要としている方々の多さ。精神障がいは心の病・病気と判断されるだけで受入れ先が少なかったり、その親世代が高齢となり自宅でのお世話が困難となりこの先の生活に不安を抱いたりなど、行き場所がない方の救いの場所になれたらという想いから始まりました。

ここ『わらくの家』では、そういった精神科資格を持つ看護師の経験を活かした医療・看護・精神三位一体の手厚いサービスが最大の魅力です!

数値では表せない“心のケア”に対して、まずは信頼関係を築くこと!

利用者さんと接する中で最も心かけていることは、『聞く力』だと話す藤田さん。身体の病気とは違って、人の心の中は数値化できません。その中で、まずは心を開いてもらうためにコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことが大切。「相手のペースで話を聞いてあげるよう心がけています。あとは表情とタイミングです。

やはり何か話したい時や困っている時って表情にも表れることも多いですし、そういったタイミングも見逃さないように気を付けています。」1人ひとり、利用者さんによって抱える不安や悩みなども違い、そもそもお話が好きな方、苦手な方もいらっしゃると思うので、本当に聞き取ること、そして信頼関係が大切なんだなと感じますね。

「ずっとここにいたい…」「ここにいられて幸せ…」

2022年8月にオープンを迎えた『わらくの家』ですが、1階・2階に男女各5名のお部屋が設けられた新築一戸建てのグループホーム。24時間の換気システムや全室床暖房完備、男女別玄関・全室鍵付きでプライバシー管理にも気を配られた空間の提供があります。リビングにはテレビやソファ、キッチンなどの設備があり共有スペースとしてもとても快適です。

実際にここで生活する利用者さんの「ずっとここにいたい」「ここにいられて幸せ」というダイレクトな声が最も嬉しいですよね!コンセプトとなっている家庭的な雰囲気の家づくりや一つ屋根の下で暮らす家族のような存在というのがきっと生活環境からも日々のスタッフさんとの関わりからも伝わっているのだと感じます。メンタルケアや設備面でも充実しているため病院の方からのご紹介もよくいただくそうですが、どうしても1つのグループに対しての定員人数がありお受けできないこともとても申し訳なくも感じているとお話されていました。

共同生活援助グループホームわらくの家の各部屋の収納空間
お部屋の収納イメージ(画像提供:共同生活援助グループホームわらくの家)
共同生活援助グループホームわらくの家のお風呂
お風呂(画像提供:共同生活援助グループホームわらくの家)
共同生活援助グループホームわらくの家の洗面スペース
洗面スペース(画像提供:共同生活援助グループホームわらくの家)

今後も精神特化型のグループホームを増やしていきたい!

管理者である藤田さんが話すのは、やはり精神ケアに悩んでいる方々に対しての受け皿となる場所が足りないこと。運営元となる株式会社笑楽では、今後も精神特化型のグループホームを増やしていきたい、困っている方の救いの場所を作っていきたいと2つ目となる施設オープンの実現に向けて計画中みたいです!

最後に、笑楽(わらく)さんの会社名の由来ともなる“笑い溢れる、スタッフも利用者さんも楽しく過ごせる会社に”という想いをより詳しく知っていただけるよう、HPも新たにリニューアル♪事業の様子やグループホーム『わらくの家』の雰囲気をぜひチェックしてみてくださいね!また、一緒に働く仲間も大募集中ですよ!

株式会社笑楽
共同生活援助グループホームわらくの家

キョウドウセイカツエンジョワラクノイエ

岐阜県岐阜市日野南3-8-6
アクセス:国道156号線岐阜東バイパスを東へ「日野南3」交差点を北へすぐ。

058-213-3836

共同生活援助グループホームわらくの家

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちらから

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Ayano.T

SAKURA編集部_Ayano.Tです!
2歳児のママとして奮闘中♪カフェ・洋服・音楽・ダンスが大好きです。休日はとにかく外に出たい(笑)美味しいもの、お洒落なもの、子どもの写真がお気に入り♡
地域密着のワクワクする情報をお届けしたいと思います!

よかったらシェアしてね!

体験口コミコメント

コメントする

11 − eight =